さて、今回はイケメンボートレーサーとして知られている河合佑樹さんについて、色々と気になったことや世間の関心ごとを中心に取り上げていきたいと思います!!!

河合佑樹さんは、2017年年明けご結婚をされたことは、ボートレースファンの方であれば既にご存知かと。

当サイトjuditanewsから気持ちを込め、お二人のご結婚を祝福いたします。

末永くお幸せになさってください!!

 

そこで、気になるのはお相手の女性ですよね。

こちらのついては記事中盤でお伝えしていこうと思います!

ではでは、さっそく本題にはいっていきましょう!!

 

スポンサードリンク

 

お好きなところからどうぞ♬

 

まずは河合佑樹のプロフィールから

河合佑樹(かわい ゆうき)
・1987年(昭62)3月14日
・164センチ
・A型
・静岡県浜松市出身(静岡支部)
・2008年5月ボートレース浜名湖でデビュー
・通算成績=>1761戦384勝(うち優勝回数=8回)

juditanews.com

★河合佑樹の今後の出場予定=>BOAT RACE オフィシャルウェブサイトへ

年齢を見てびっくり、まだ30代になったばかりなんですね。

調べてみると、20代にすでに生涯獲得賞金が1億円を超えていた、というではありませんか!!

これってボートレース界の中ではそうそうあることではなく、ごく限られた選手しか当てはまらない事例だということで、河合佑樹さんのボートレーサーとしてのセンスと実力を証明する紛れもない数字と捉えることができます。

河合佑樹さんってなにがすごいかって、やっぱり彼が持つ得意技”スピードターン”が最大の強みでしょう。。

(コンパクトなターンができるのは、身長からくる要素もあるのかな?)

以前、たしかこんなことを聞いたことがあります。

 

『ターンを制するものは、ボートレーサーを制する』

 

本当に制していますね、河合佑樹さん・・!!

2017年11月現在、河合佑樹さんの階級はA1級で、これは4つの階級があるボートレースのクラスで一番上の位置に属します。

このA1級ともなると、なにがすごいって給料がハンパじゃないんです・・・!

(給料や年収については後ほどご紹介するとして)

 

また、ボートレーサーとして活躍する河合佑樹さんですが、そのイケメンっぷりから女性ファンが数多くいるようで、つい日も人気バラエティー番組”アメトーク”にてイケメンボートレーサーとして河合佑樹さんが選出されていました。

(たしか2017年9月頃だったような)

 

2008年5月にデビューを飾り、同年7月には17走目にしてなんと初勝利(「第41回日刊スポーツ杯」初日2R)しています!

早い段階に勝利を飾っていたんですね〜。

 

【参考動画】

 

 

 

河合佑樹の出身中学校はどこだ?

さて、ではこのテーマから掘り下げていきましょう。

河合佑樹さんのご出身は前途プロフィールでも記載した通り、静岡県の浜松市になります。

また、出身高校は判明しており、市内にある浜松城北工業高校という高校のようですね。

そして、肝心の中学校については、今のところ情報がなくわかっていないようなので、このサイトを見ていただいている読者の方からのメッセージを募集いたします!!

何か有益な手がかりを知っている方は、どうぞお気軽に記事最下部にあるコメント欄より、メッセージをお待ちしております( ◠‿◠ )

↓こちらは浜松城北工業高校の所在地↓

 

河合佑樹の年収やいかに?

2017年1月18日時点で、生涯獲得賞金は1億4780万円という驚異の額を稼ぐ河合佑樹。

ボートレーサーの年収は会社許与みたいなものではないので、当然ながら毎年毎年”額”が変わっていくので、一概に「この金額だ」とはいえませんが、ざっくり考えてみると毎年のおおよその年収は1600万前後あたりでしょうか。

ただ、この数字を見る限り、もっと稼いでいる感がします。

というのも、河合佑樹さんの階級であるA1級の平均年収は約3300万なんですよね。

とある個人運営ブログによると、『河合佑樹さんの年収は3300万でした!』と記載されていましたが、それだと単純に2008年のデビューから今日2017年までの約9年間を元に年収を算出してみると、2億9700万円という数字がはじき出されます。(3300万×9年)

さきほど、前途したように、2017年1月18日時点での河合佑樹さんの生涯獲得賞金額は1億4780万円です。

 

誤差ありまくりじゃないですか!!笑

と優しく突っ込みたくなりますが、そこは控えめに・・・(_ _).。

 

 

ということで、デビューから今日に至るまでの生涯獲得金額から平均すると、年収はおおよそ1600万円前後であることが妥当なラインでしょう!

河合佑樹さんは、2016年、相次ぐフライングで約5カ月間レースに出られず、トップランクのA1級からB2級まで降級したこともまた、平均年収が変動している要因となっています。

それにしても、いい金額を稼いでいますね〜!!素晴らしい◎

 

河合佑樹の嫁・山名裕子について

さて、冒頭でお伝えした通り、河合佑樹さんは2017年年明けにご結婚されました。

お相手の女性は、山名裕子さんという方で、臨床心理士でテレビのコメンテーターの仕事をされる美人さんです!!

山名裕子さんは1986年(昭61)5月7日生まれなので、河合佑樹さんの一つ上の年齢。

*右から2番目の女性が山名裕子さん
juditanews.com

第一印象はというと・・・美人すぎる!!

こんなもの綺麗な女性を射止めた河合佑樹さんは、ボートレース界の中でもレジェンドに匹敵するでしょう。

二人はなんと小中学校が同じ幼なじみだといい、ずっとお付き合いされていたわけではなく、2014年の9月に行われた同窓会が関係が発展していったようです。

二人は互いを尊敬しており、河合佑樹さんは「仕事を頑張る女性って良いな」と感じたんだとか。

反対に、山名さんは「昔の自分に戻れるような、穏やかな時間を過ごせた」と河合佑樹に対して心をそせています。

 

また、プロポーズは山名さんの誕生日だったようですね。

って、河合佑樹さん・・・かっこ良すぎじゃないですか!!

 

まとめと感想

 

スポンサードリンク

 

ということで、”河合佑樹(ボートレーサー)の出身中学や年収!嫁は山名裕子!”の記事はいかがでしたか?

違う世界で共に活躍するお二人の姿を見ると、なんだか私たちまで嬉しい気持ちになりますね(^ ^)

また、お互いを『尊敬している夫婦』という部分も素晴らしいと思います。

 

これからも、お二人のご活躍に期待しましょう!!

それではjuditanews恒例の締めの言葉を持って、この辺で終わりたいと思います。

 

がんばれ!河合佑樹さん、山名裕子さん!!

 

スポンサードリンク

 

 

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!!

読者の皆さまにとって有益な情報を日々お届けしていきます。

これからも役立て自分!!日常生活なんでも情報局をよろしくお願いいたしますっ!

 

こちらもどうぞ☆★