こんにちは!Juditaです♪

 

モットーは
every day happy days!
毎日ハッピーに、一度きりの人生を大切に過ごしています。
Today is very important

 

いつもお読みいただき本当にありがとうございます。
毎日記事更新しておりますので、是非さいごまで読んでいって下さい♪♪

 

スポンサードリンク

 

こちらに注目!!

マッスル北村
マッスル北村の伝説がすごい!
身長はいくつ?
読めば分かる、マッスル北村のすべて

 

プロフィール

名前:マッスル北村(本名:北村克己)
生年月日:1960年10月6日
出身地:東京都

 

まえがき

今回の登場人物はマッスル北村さん!

いきなりですが、マッスル北村さんってご存知でしょうか?

もしかしたら最近の方は知らないかもしれません。

マッスル北村さんは”ボディービルダー”として活躍されたムキムキの方です^ ^

現在は亡くなられていますが
生前には鍛え上げられて圧倒的な肉体に加え、ハンサムな顔立ちから異性問わず人気がありました!

さらには、亡くなられた理由が驚愕・・。

こちらについては記事中盤でお伝えしていきます。

また、マッスル北村さんって調べてみると過去がすごい!

筋肉に栄養を与えるための”食事”が圧巻で、

Lたまご20個の卵白+プロテイン
を使ったマッスル北村さんの特製プロテインを飲む姿は、まさに神レベル♪

・・・冒頭からちょっと飛ばしていますが
まだまだマッスル北村さんの”伝説”はたくさんあります^ ^

では、さらに詳しくマッスル北村さんについて見ていきましょう!!

 

マッスル北村さんってどんな人?

マッスル北村

マッスル北村さんは今は亡くなられていますが、日本でボディービルをやられていた方です。

数多くの伝説を残していることもあり
死没20年余り経過している今日でも多くの人の記憶にあり、

ボディービル界ではめちゃくちゃ有名な方です。

有名大学も出られており頭もかなりいい方なんです。

いくつか項目に分けてみましたので、
具体的にみていきましょう!!

知れば知るほど、マッスル北村さんの凄さがわかります。

学歴は?

マッスル北村さんといえば筋肉だけでななく、高学歴として広く知られています。

まずはずらっと見てみましょう。

東京学芸大学附属大泉小学校

東京学芸大学附属大泉中学校

東京学芸大学教育学部附属高等学校

東京大学理科II類(中退)

東京医科歯科大学医学部(中退)

見て分かる通り
大学へは2つ通われていることがわかります。

そして特筆すべきことはどちらも「中退」をしていること。

東大と東京医科歯科大というめちゃくちゃ頭のいい大学です。

(書かなくても分かりますね)

頭のいいイメージがあるマッスル北村さんですが、もともと頭のいい訳ではなかったよう。

それではなにがすごいかというと・・

「目標を定めたら達成のためにひたすら努力をする」

ということ。

そして、マッスル北村さんはその努力の仕方が尋常じゃありません。

どんなに考えてもこの人はある種”ストイックさ”がすごいのです。

まさに熱い男!!

だから大学受験の際には猛勉強の末、これらの大学へ入学してしまうのです。

私が思うにマッスル北村さんは「目標に向かって努力する過程」に重きを置いていたんだと思います

ですから、”大学へ入る”という目標を設定したら
それに向けて合格するためのことをひたすらする。

そして、いざ受かった時には
ある種「燃え尽き症候群」的になってしまうんだと思います。

ではそんな「燃え尽き症候群」的なマッスル北村さんが
どうして長くにわたってボディービルダーをやられていたのか考えてみると、

「筋肉に終わりがないから」

だと思うわけです。

鍛えれば鍛えるほど筋肉がつき、日に日に成長していくのが目に見えるため
自身の人生を捧げるまでにボディービルダーを愛していたのでしょう。

当時受験勉強をしていたマッスル北村さんは
おそらく自分の人生を模索していた時期なんじゃないかと思います。

そうして一つ一つ目標を達成し、達成後の感情を体感した時

「これではない」

と、思ったのでしょう。

そうしてトレーニングを出会い、自分の人生を見つけることとなりました。

身長はいくつ?

マッスル北村

ズバリ!マッスル北村さんは173センチでした!

筋肉がものすごいためか
実際の身長よりも高く見えますよね。

トレーニングをしている人にとって一度は耳にしたことがある言葉、それは・・

”筋トレをすると身長が縮む”

本当なのでしょうか??

トレーニングをしている人は背が伸びる方に栄養がいかず、筋肉のために栄養が回っていたりして?!

そんなことはさておき、
マッスル北村さんの身長は平均くらいだったのですね○

 

マッスル北村の死因はなんだったのか?

マッスル北村

マッスル北村さんは39歳という若さで亡くなられています。

かなり若いですよね・・。

そして気になるのが「死因」が
ボディービルダーならではというか、マッスル北村さんのボディービルに対する思い入れが凄いとうか・・。

さかのぼること2000年。

ボディビルの世界選手権へ向け
厳しいトレーニングと減量を行なっていたマッスル北村さん。

この”減量”がマッスル北村さんの死に大きく関われることとなります。

大会に向けて20キロ近い減量を行い、
「オイルダイエット」という方法を取り入れていました。

そして、大会が近づいてきたらオイルを摂取せず、”炭水化物のみ”減量を行なっていました。

隆々とした筋肉がついているにもかかわらず、死因は餓死でした。

「・・・え?餓死」

そう思われた方も多いんじゃないでしょうか?

でも、餓死なのです。

ちなみに、この当時の体脂肪は3パーセントだったいいます。
 

スポンサードリンク

 

マッスル北村の減量方法が知りたい!

マッスル北村

マッスル北村さんを検索して調べていると、「減量」について気になっている人が多いように見受けられます。

現在は既に亡くなっていることに加え

現在は当時と比べ時代が進み”分析や科学に基づいた減量方法”があるにもかかわらず、マッスル北村さんの減量方法に関心があるのはなぜでしょうか?

2000年に亡くなられているので、かれこれ死後20年余り経過しています。

関心がある一番の理由は

”常識を逸脱した精神力”だと思うわけです。

のちほどマッスル北村さんの”伝説”の話題でも触れますが、この人の精神力・人間の強さは尋常ではなりません。

結果としてその尋常ではない精神力・忍耐力
によって自らの命を奪うことになってしまいましたが、

やっぱりウエイトトレーニングや減力って究極のところは”精神力”がとても重要なことですし、

トレーニングの本質といっても過言ではないと思います。

マッスル北村さんの減量方法について具体的な方法等を知ったところで

まず我々にはできないと思います。

なぜか

それは精神を究極のところまで追い込むからです。

マッスル北村さんの減量方法を
真似するということは極論のところ「死」を意味するわけです。

それよりなにより、
マッスル北村さんはいろんな減量方法を試されていますが、どれも一般の人にはハードルが高い!

では、具体的にどんな方法を試されていたのか見てみましょう!

マッスル北村の伝説とやらがすごい!!

マッスル北村

伝説その1

中二の夏。連続16時間という無謀なサイクリングに挑戦し、病院に運び込れる。

伝説その2

自分を殺すくらいの勢いで長距離サイクリングやマラソン、拳立てふせを繰り返す

伝説その3

東京~仙台間の連続サイクリングの際も脱水症状で病院に運び込まれる。

伝説その4

ゲームセンターのパンチングマシーンを2台故障させる。

伝説その5

•特性プロテインを作るマッスル北村!
Lたまご20個、冷凍ささみ、プロテインミキサーに!

↓こちら

個人的な感想

さて、気がつけば終盤になってしまいましたね。

マッスル北村さんを知れば知るほど本当にすごい人間だと感じました。

もやは”偉人レベル”なくらいだと思います。

ここでは”伝説”というテーマに絞った訳ですが、もう記事内に書かれている内容そのものが伝説です。

私はマッスル北村さんの存在は死後に知りました。

死後から20年余り(死没2000年8月3日)という長い月日が経過していますが、

今もなおこうして名前が語り継がれていることは、マッスル北村さんの人間力によるものだと思いますし、

一番にマッスル北村さんが今もなお愛され続けられているなによりの証拠だと思います。

トレーニングを既にしている人、

これからしようと思っている人、は

是非「マッスル北村」というトレーニング&筋肉を愛する人がいたということを忘れないでいてください。

そして、トレーニングで辛い時しんどい時こそマッスル北村さんを思い出して、日々のたゆみないトレーングに精を出されてください!!

それが私の願いでもありますし、
一番にはマッスル北村さんの願いかもしれません。

 

まとめると!

マッスル北村
とにかく規格外なボディービルダー
自らを死をに追い込む程の精神力で、死因は餓死
今もなお語り継がれる多くの伝説

それでは、今では恒例となりました締めの言葉をもって、この辺りで終わりたいと思います。

がんばれ!マッスル北村!

 

スポンサードリンク

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
この他にも色んなジャンルの記事をたくさん書いておりますので、よかったら見てください♪

コメントをどうぞ