こんにちはJuditaです♪

モットーは「every day happy days!」
毎日ハッピーに、一度きりの人生を大切に過ごしています。
「Today is very important」

いつもお読みいただき本当にありがとうございます。
毎日記事更新しておりますので、良かったらお気に入り登録お願いします♪

まえがき

今回の登場人物は赤根那奈さん。

赤根那奈さんは日本の女優さんで、元宝塚で活躍されていた方として知られています。

宝塚に入る前にモデルをやっていた?という噂がありますが、どうやらそのようなことはないようです。

2003年から芸能活動を開始してからというもの今日に至るまで演技の力は衰えるどころかますまず磨きがかかっているように思えます。

また妹さんは同じ女優をやられている愛加あゆという方です。

愛加あゆさんを詳しく知りたい方はこちらから→記事

姉妹揃って女優の第一線で活躍しているなんてすごいことですよね〜!!!

しかしも妹の愛加あゆさんの宝塚女優とうことで姉妹揃って宝塚女優ということになるので、これまでの宝塚の歴史から考えても姉妹揃って宝塚女優はそうそういないんじゃないかと思いますね。

赤根那奈さんの初舞台2003年の月組公演『花の宝塚風土記/シニョール・ドン・ファン』でした!

宝塚ファンの方ならば覚えているんじゃないでしょうか^ ^

おっと、前置きが長くなりましたね・・・汗。

ついつい書き始めというのは飛ばしてしまうのが私のクセなんです・・・。

そこでこの記事では、赤根那奈さんがどんな方なのであるのか知っていくのはもちろんのこと、赤根那奈さんに関する世間の関心が高いことをメインに書いていきたいと思います!

それでは、さっそく参りましょう(^o^)/
 

スポンサードリンク

 

プロフィール

赤根那奈1
名前:赤根那奈
旧姓:夢咲ねね
生年月日:1984・7・4
出身地:富山県

 

赤根那奈が宝塚を目指すきっかけとなった「ノバ・ボサ・ノバ」

さて、赤根那奈さんが宝塚を目指すようになったきっかけは一体なんなのか気になりますよね〜!

調べてみるとなんでも「ノバ・ボサ・ノバ」という単語が関係しているそう。

さかのぼること赤根さんが中学校の時の修学旅行で「ノバ・ボサ・ノバ」の宝塚歌劇の公演を見たことがキッカケだったといいます。

よほど衝撃を受けたのでしょうね。

この「ノバ・ボサ・ノバ」を境に、赤根さんは宝塚を目指すことになります。

そして、2001年富山第一高校に一旦は入学しますが、宝塚への気持ちを抑えきれず宝塚音楽学校に2度の受験を経て入学することとなります。

2度の受験というところが彼女の熱意を感じますよね〜!

そして、2001年に、宝塚音楽学校入学します。

入学当初の頃は男役をやっていましたが2年生の頃に娘役に転じています。

その後2003年の頃に第89期生として宝塚歌劇団に入団し、入団時の成績は49人中14番だったそうです!

この成績からわかりますが当時から演技力には定評があったのですね〜!

補足になりますが、この時期は「夢咲ねね」という芸名で活動していましたので、夢咲ねねと赤根那奈は同一人物なのでお間違いなく!

 

赤根那奈はヒラタオフィス所属

見出しの通り赤根那奈さんの所属事務所はヒラタオフィスです!
 

スポンサードリンク

 

赤根那奈の実家は金持ち?

富山県にご実家がありますが、なんでも赤根さんのお父様は山林王という噂が・・・。

ただ本当かどうかはわかりませんが、日のないところに煙は立たずという言葉があるので可能性としては大きそうですね。

そもそも山林王というのはいってみれば「地主」のことで、土地を多く所有している方をさします

富山県に広大な土地を持っているということになるとそれはそれはかなりのお金持ちであることが想像できます。

先ほど御説明しましたが、姉妹揃って宝塚の学校には入られていることから考えるとある程度金銭的に余裕がなければ、とてもじゃないですけど2人の娘を宝塚に行かすことは大変なことでは?と思います。

 

赤根那奈の熱愛情報!

2016年現在そのよう情報はなさそうです。

新しい情報が入り次第追ってお伝えしていきます!

 

まとめ

いかがでしたか?

2015年5月の「黒豹の如く/Dear DIAMOND!!」カテリーナ・デ・ラミレスをもって宝塚を退団します。

退団後は旧芸名の夢咲ねねと活動していたり赤根那奈と活動していたりしてますが、これに関してはちょっとわかりませんね・・。

退団後も舞台やミュージカルをばしばしをこなしている赤根那奈さん。

ますます赤根那奈さんから目が離せなさそうです^ ^

赤根那奈さん、これからも応援しています!
 

スポンサードリンク

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
この他にも色んなジャンルの記事をたくさん書いておりますので、よかったら見てください♪